奈良(2020)旅行記 Part4

久しぶりに見たけど、でけぇぇぇぇ
IMG_6981.JPG

IMG_6982.JPG
小学生以来だから、当時はもっともっと大きく感じたんだろうなぁ



盧舎那仏の左に並ぶ虚空蔵菩薩坐像
IMG_6989.JPG

IMG_6983.JPG
運慶とその一族によって造立されたものらしいけど、1567年に焼失




盧舎那仏の左側にある広目天
IMG_6985.JPG





盧舎那仏の右側にある多聞天像
IMG_6987.JPG





盧舎那仏の右に並ぶ如意輪観音坐像
IMG_6989.JPG

IMG_6988.JPG
こちらも虚空蔵菩薩坐像同様に焼失




金銅八角燈籠
IMG_6990.JPG
東大寺創建の752年に鋳造と推測されていて国宝に指定されているんだよね




いやぁ、ホント大きいわ、大仏殿(正式には東大寺金堂)
IMG_6991.JPG
2度焼失し、鎌倉時代と江戸時代に再建されてるんやけど創建時よりも小さくなってるらしいよ




大仏殿の南にあるのが南大門
IMG_6992.JPG
これも有名だよね




左にある阿形像
IMG_6993.JPG
大仏師運慶と快慶が小仏師13人を率いて造立したそうです




右にある吽形像
IMG_6994.JPG
こちらは大仏師定覚および湛慶が小仏師12人を率いて造立したそうです




入母屋造、五間三戸二重門で、下層には天井がなく腰屋根構造となっています
IMG_6995.JPG

IMG_6996.JPG
「大仏様」とか「天竺様」と呼ばれる建築様式になります




南大門を抜けて南側から見た南大門
IMG_6997.JPG
創建時の門は平安時代に大風で倒壊し、現在の門は鎌倉時代に東大寺を復興した重源上人が再建したものになります




このあたりにも鹿がわんさか
IMG_6998.JPG

IMG_6999.JPG
お店は昔からある感じでよかったよ






次に向かったのは・・・







国営平城宮跡歴史公園
IMG_7002.JPG
バス停近くにある天平みつき館と天平うまし館
レストランと県内の特産品や平城京ゆかりの物品などを販売してるところ

あと、朱雀大路を挟んだ反対側にある平城宮いざない館には、奈良時代の平城宮を体感したり、出土品や資料が展示されていて、楽しめそうだったけど時間の関係でスルー・・・



復原遣唐使船
IMG_7000.JPG
乗り込めるみたいでした




奥に見えるのが平城宮跡の南方にある朱雀門
IMG_7001.JPG
このだだっ広いところが朱雀大路



朱雀門
IMG_7003.JPG
こういうのを復原するのっていいよね




遠くのほうに見える建物を目指して歩きます
IMG_7004.JPG
線路を越えて・・・




復原中の第一次大極殿院 南門
IMG_7005.JPG

IMG_7007.JPG
裏から見るとこんな感じ

完成が楽しみ




第一次大極殿
IMG_7008.JPG
正面約44m、側面約20m、高さ約27mという平城宮最大の宮殿


広すぎるから全部見て歩くと結構時間がかかるので、少し余裕をみておくとよいよ